1. ホーム > 
  2. 新着情報一覧 > 
  3. 入川舜ピアノリサイタル~古典の巨匠たちとの出逢い Vol. 2~

入川舜ピアノリサイタル~古典の巨匠たちとの出逢い Vol. 2~

「古典の巨匠たちとの出逢い」第2回では、ヤナーチェクとシューベルトを取り上げます。ヤナーチェクは、19世紀から20世紀にかけて生きたモラヴィア(現在のチェコ)の作曲家です。郷土色豊かな旋法、自国の言語を手がかりに、独特な音楽を生み出しました。50歳ほど年長のシューベルトの音楽には、親しみやすさとともに、移ろいゆく悲しさが感じられ、その音楽からはやはり東欧の香りが漂ってきます。ピアニストとして、誰かと一緒に演奏会をするということはかねてからの望みでした。今回は芸大の頃の同僚でもあったチェリストの内田佳宏さんに出演して頂きます。対話から滲む親密な空気を味わっていただければと思います。

日時/
2019年12月22日(日) 【開場】14:00 【開演】14:30
入場料/
3,000円
会場/
馬車道ピアノサロン
出演者/
ピアノ/入川 舜 (共演)チェロ/内田 佳宏
プログラム/
  1. L.ボッケリーニ/チェロ・ソナタ第6番 G.4
  2. L.ヤナーチェク/霧の中で(ピアノソロ)
  3. L.ヤナーチェク/おとぎ話
  4. F.シューベルト/アルペジョーネ・ソナタ イ短調 D821 他
入川舜ピアノリサイタル~古典の巨匠たちとの出逢い Vol. 2~
Piano/
入川 舜 Shun Irikawa
静岡市出身。東京芸術大学音楽学部ピアノ科卒業、同大学院研究科修了。文化庁海外派遣研修員として、パリ市立地方音楽院とパリ国立高等音楽院修士課程でピアノ伴奏を学ぶ。 高瀬健一郎、寺嶋陸也、辛島輝治、迫昭嘉、A.ジャコブ、J-F.ヌーブルジェの各氏に師事。パリ・シャトレ座はじめフランス各地やスイスで演奏するほか、オーケストラとの共演、室内楽、コンクールや講習会での演奏、録音など、活発な活動を行っている。 「静岡の名手たち」オーディションに合格。神戸新聞松方ホール音楽賞、青山バロックザール賞(依田真宣(Vn)、内田佳宏(Vc)両氏とのピアノトリオとして)を受賞。 日本人作曲家の作品を蘇らせたCD「日本のピアノ・ソナタ選」をミッテンヴァルト社より発売、文化庁芸術祭参加作品となる。 2011年デビューリサイタルを開催。以後も、ドビュッシーのエチュード全曲など意欲的なプログラムでリサイタルを行う。 ラヴェルアカデミー(フランス)にて歌曲クラスの伴奏助手。パリ市立地方音楽院でピアノ講師と伴奏ピアニストを務めた。現在、 オペラシアターこんにゃく座のピアニストを務める。渋谷・美竹清花さろんにて、「バッハを辿る」コンサートシリーズを進行中。横浜・馬車道ピアノサロンでもコンサートシリーズを継続している。東京藝術大学非常勤講師。
公式ホームページ
Cello/
内田 佳宏 Yoshihiro Uchida
大阪府出身。京都薬科大学入学と同時にチェロを始め、卒業後東京芸術大学に入学し、同大学院修士課程にて大学院アカンサス賞を受賞して修了。ビバホールチェロコンクール第2位、青山音楽賞を三度にわたり受賞。現在、演奏家として様々なシーンで活動するかたわら、作曲家としても広く認められ、近く自身の二枚目となるアルバムをリリースする。
馬車道ピアノサロン
ご来店予約・お問い合わせはこちら

お電話で受付の際は営業時間内にお願いいたします。

営業時間10:00〜18:00 
定休日水曜日・日曜日・祝祭日

PAGE TOP